にいがた災害ボランティアネットワーク

<< 中間報告 | main | ボランティアのつぶやき >>

引っ越しボランティアまとめ

 数回にわたって掲載しました『仮設住宅からの引っ越しボランティア』について、4月22日までの活動分を総括します。

【担当者雑感】
  当初、ニーズは5〜6件程度との予測に基づいて計画しておりましたので、後半になってからポツリポツリとお問い合わせのお電話が増えるに従って、多少の計画の変更を余儀なくされました。ただ、当会会員諸氏を初め、お声をかけさせていただいた(もしくはニュースを見られた)方からそれを上回る参加のお申し出を頂き、十分な人数で(余裕を持って・安全に)活動することができました。参加していただいた皆様のご協力に感謝しております。なお、トラックの提供についても、全てボランティアの方が持ち込まれた車両で間に合わせることができました。感謝!
  また、今回は『引っ越し』ボランティアでしたが、その過程で見つかる生活に密着したニーズ。これを他分野のNPOさんや、行政、そのほかの団体につなげ・役割分担することにより、協働による相乗効果が発揮できたのではないかと自負しております。
「引っ越したはいいけど、これから日々の買い物をどうしたらいいか」「見ず知らずの土地で、知り合いもいなく心細い」「退去後の掃除も手伝って欲しい」などの小さなお声を、活かすことができました。

  水害の爪痕はまだ完全に癒えてはおりません。今年の7〜8月には、仮設住宅の入居期限が到来します。その時は再度活動を計画させていただきたいと存じますので、よろしくお願いいたします。
(もちろん、ニーズが寄せられれば随時活動を行います!)

  活動期間:3月1日(準備開始)〜4月22日
  ニーズ件数:11件
  ボランティア参加者数:のべ41名(実22名)
  内訳:4月2日…1件(3名)
     4月8日…1件(5名)
     4月9日…1件(6名)
     4月15日…3件(13名)
     4月22日…5件(14名)
  協力団体(敬称略):特定非営利活動法人地域たすけあいネットワーク、三条市、
           三条市社会福祉協議会、新潟大学震災ボランティアセンター、
           百尺竿頭、原信南四日町店



なお、この活動は『特定非営利活動法人新潟NPO協会』様からの『災害復興ボランティア基金』からの助成を受けて活動させていただきました。
- | -