にいがた災害ボランティアネットワーク

<< 長野県内のボランティアセンター設置状況 | main | 諏訪市災害ボランティアセンター >>

長野県内のボランティアセンター活動状況

情報を更新しました。最新の記事をご参照下さい。
●諏訪市災害ボランティアセンター
   約90名のボランティアが活動。
   床上浸水が多数でていたが、すでに水は引いている。
   ニーズ調査を行っても、依頼はあまりあがってきていない。
   今後も各戸訪問などによりニーズ調査を行う予定だが、大半のニーズについては、
   24日(日曜日)中に対応ができ、月曜日以降は、近隣のボランティアの協力によって
   対応が可能になると予想されている
   特にこの週末は、県内にて支援活動参加者が多数確保されることが確実になったた。
   諏訪市へのアクセスは、鉄道は山梨方面からの場合、上諏訪までは動いている。
   長野市側からは岡谷でストップしており、入ることができない。
   また車の場合も、長野市側からは大渋滞が続いており、
   長野市を経由して諏訪市にはいった際5時間以上かかった事例もあった。

●下諏訪町災害ボランティアセンター
   行政との連携により、月曜日(25日)より本格的なボランティアによる支援活動を開始する。
   下諏訪町災害ボランティアセンターでは、県外からのボランティア募集は行っていない

●岡谷市災害ボランティアセンター
   岡谷市の被害は、局地的だが、土砂による被害が深刻でである。
   断続的に雨が降り続いており、被災者の多くは、家屋の倒壊などにより、避難所生活を
   余儀なくされている。
   二次災害の危険性もまだ高く、土石流などの被害にあった現地は、立ち入り禁止、
   基本的に行政と自衛隊による活動が中心になっている。
   今後、雨がやみ(二次災害の危険性がなくなり)避難解除となるまでは、ボランティア
   による活動については、具体的な見通しを立てることができない
   よって、現状ではボランティア募集は行っていない。

●辰野町・箕輪町の状況
   現在、長野県社協と連携しながら、辰野町・箕輪町において、災害ボランティアセンター
   立ち上げの準備がすすめられている。
   ただし、これらのセンターにおいては、県外からのボランティア募集は行わない予定
- | -