にいがた災害ボランティアネットワーク

<< 沖縄県災害ボランティアセンター 続報 | main | ボランティアのつぶやき in小千谷 >>

沖縄県災害ボランティアセンター 続報2

  以下、沖縄県ボランティア・市民活動支援センターのウェブサイトからの転載です。ボランティアセンター情報は刻一刻と変化しますので、必ず元の情報で確認を行って下さい。(→http://volunchu.net/)
〈2006-6-20 18:00 up〉
沖縄県内各地での土砂災害の被災について

■中城村の土砂災害の被災に関して
  現在のところ、県内外からのボランティア募集はありません
   【避難が続いている北上原の状況】
    ・避難所における生活ニーズは自治会の方々の支援で充分対応しています。
    ・被災者の方々のプライバシーを確保し、
       少しでも静かな環境で過ごすことができることが求められています。
    ・以上のような状況より、現在のところ、県内外からのボランティア受け入れは
       行っておりません。

■那覇市の長雨災害に関して
 那覇市においても、県内外からのボランティア募集は行っておりません。避難している世帯には、親戚、知人宅への避難世帯も含め、行政職員がそれぞれ対応しており、個別に生活ニーズ調査及びその対応を行っています。行政や地元企業が持っている社会資源、地域の方たちのネットワークを中心に被災者に対応をしています。今後も、行政と地元社協との連携で被災者への生活ニーズに対応してく予定で、現在のところ、県内外からもボランティアの募集や受け入れはありません。
   【那覇市の避難世帯の状況】
     現在、20日 10:30現在、19世帯 46人が避難しています。
     20日、午前10時には、避難勧告が一部解除され、6世帯25名が自宅に戻ることが
     できる状況になりました。公民館に避難している世帯は2世帯。そのほかは親戚、
     知人宅に避難しているとの状況
   【現在の状況について】
     那覇市の防災計画に基づいて、被災者の生活ニーズの把握やその対応が行われています。
     那覇市社協もその計画に基づき、被災された方の負担にならないよう、また全体の
     指示系統に混乱が生じないよう、行政と協議しながら対応しています。
     今後は、市内の防災に関する関係機関が集まり、
     今後の対応について話し合いを行う予定です。
- | -