山古志村のマリと中越地震

その時何があったのか

新潟県中越地域
山古志村のマリと三匹の子犬

「山古志村のマリと三匹の子犬たち」の経過

マリ片桐さんの家に行く

飼い主の五十嵐さんが山古志村へヘリコプターで迎えに行く。

同じ日に一時的に預かることになった我が家へ愛犬マリちゃんと子犬3匹が避難してきた。

親犬の名前マリ[メス、3歳]

子犬たち

■白色2匹[区別をつけるために白と黒と仮につけた]

■こげ茶色1匹[仮の名はチビ]

引用元: 「山古志村のマリと三匹の子犬たち」の経過.

マリと子犬の物語|ストーリー@ぴあ映画生活

ある日、亮太と彩は1匹の捨てられた子犬を見つける。マリと名付けられたその雌犬は、石川家の新たな家族となった。翌年となる2004年、すっかり成長したマリは3匹の子犬を産み、亮太と彩は毎日を元気に過ごしていた。そして、迎えた10月23日の午後5時56分。

引用元: マリと子犬の物語|ストーリー@ぴあ映画生活.

5th ELEMENT: 山古志村のマリと三匹の子犬

ふと、立ち寄った本屋でみつけた本でした。

電車の中で、ぐしぐし涙を流しながら読みました。

おじいさんが、あんなに頼んだのに連れて逃げることができませんでした。

だーっと涙がっ。

引用元: 5th ELEMENT: 山古志村のマリと三匹の子犬.

山古志村 「マリと子犬の物語」 – あゝ思い出ごはん

この奇跡の物語は全国に波紋を呼んだ。テレビに取り上げられ、絵本『山古志村のマリと三匹の子犬』(文芸春秋刊・写真下)になり、アニメになり、そして映画化された。

引用元: 山古志村 「マリと子犬の物語」 – あゝ思い出ごはん.