山古志村のマリと中越地震

その時何があったのか

新潟県中越地域
評論

(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ):マリと子犬の物語 86点(100点満点中) – livedoor Blog(ブログ)

東宝映画製作、防衛省&自衛隊協力、特撮による破壊映像、正月映画、そして自衛官が高嶋政伸と、まるで少し前まで恒例だったゴジラ映画の様相を呈している布陣に加え、子供、犬、家族愛、などなど感動映画としての定番をこれでもかと盛り込んだ本作、家族で楽しめる安全パイの娯楽映画としての要素はむしろゴジラ以上だ。

引用元: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ):マリと子犬の物語 86点(100点満点中) – livedoor Blog(ブログ).

マリと子犬の物語|ストーリー@ぴあ映画生活

ある日、亮太と彩は1匹の捨てられた子犬を見つける。マリと名付けられたその雌犬は、石川家の新たな家族となった。翌年となる2004年、すっかり成長したマリは3匹の子犬を産み、亮太と彩は毎日を元気に過ごしていた。そして、迎えた10月23日の午後5時56分。

引用元: マリと子犬の物語|ストーリー@ぴあ映画生活.

~ 「マリと子犬の物語」心優しい亮太くん ~

新潟県中越震災のときの、山古志村の実話(絵付きの本)から生まれた物語で、実話の原作では、

おじいさんと息子さん、そして犬のマリというとてもシンプルなお話なんですが、映画は 山古志村の石川一家、

お父さん、おじいさん、そしてそこにお母さんを亡くした亮太くんと彩ちゃん、おばさんが加えられてるんですね。

とくに映画のメインになるマリと3匹の子犬と主に絡むのが、彩ちゃん、亮太くんという子供の兄妹にしたのが、

震災という辛いテーマを扱いながらも、マリたちと共に映画をかわいく親しみを込めて、感動的に仕上げたのが、大成功だったと私は思います。

引用元: ~ 「マリと子犬の物語」心優しい亮太くん ~.