山古志村のマリと中越地震

その時何があったのか

新潟県中越地域
特撮

マリと子犬の物語 ★★★☆ – 鞠小路グリーン劇場

ミニチュアならではの粘りと撓みが、リアリティを超えたドラマ性、つまり映画的演技を示しており、ミニチュア撮影という手法の積極的な意義を顕示する好見本といえる。倒壊した家屋の周辺の情景や自衛隊ヘリの活躍場面など、デジタル合成が大活躍のはずだが、ほとんど違和感がない。東宝特撮が久々に真価を発揮した記念碑的な映画といえるだろう。

引用元: マリと子犬の物語 ★★★☆ – 鞠小路グリーン劇場.

(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ):マリと子犬の物語 86点(100点満点中) – livedoor Blog(ブログ)

東宝映画製作、防衛省&自衛隊協力、特撮による破壊映像、正月映画、そして自衛官が高嶋政伸と、まるで少し前まで恒例だったゴジラ映画の様相を呈している布陣に加え、子供、犬、家族愛、などなど感動映画としての定番をこれでもかと盛り込んだ本作、家族で楽しめる安全パイの娯楽映画としての要素はむしろゴジラ以上だ。

引用元: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ):マリと子犬の物語 86点(100点満点中) – livedoor Blog(ブログ).