にいがた災害ボランティアネットワーク

<< July 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

中間報告

  7月2日、4月の活動に引き続き仮設住宅からの引っ越しボランティアを実施しました。朝の時点では前日より降り続いた雨が止んでおらず、ご依頼者やボランティアの方と連絡を取りながらの様子見。遠方から参加してくれる方もおられるので(一番遠い方はなんと東京から!)、早く決断しなければと焦っていると、空が明るくなり青空が…。ほっと一安心。
  この日のご依頼は3件、ボランティアの参加人数は9名。そのうち1件はマンションの5階(しかもエレベーターなし!)に搬入するという、これまでの活動の中で最もハードなもの。参加者の疲労と同時に、安全確保にも細心の注意を払いながらの活動となりました。ただ、今回は4月に参加してくれたボランティアさんからのリピーターが多く、主催者としても安心してお任せすることが出来ました。参加者の皆さん、本当にお疲れさまでした。
  次は7月9日に実施の予定です。

001.JPG 東京のナンバー!
続きを読む>>
- | -

ボランティアのつぶやき in三条

  今回、(4月に引き続き)3回目の引っ越しボランティアに参加しました。『引っ越しボランティア』は荷物を運んだり設置したりするだけではありません。住民の方と水害の時の恐ろしさその後の仮設住宅での話新しい生活に当たっての不安な点など、様々なお話をお聞きし、コミュニケーションを取ることも大切な要素です。実際、今回もいろいろなお話をお聞きすることが出来ました。
  今回私は雪囲いの撤去作業を担当しました。仮設住宅の入居期限が迫っていなか、退去に伴う解体作業です。(事務局注:雪囲い撤去作業終了後、他の班に合流し、洗濯機の設置などもしていただきました。写真はその時のものです)
  自分は(発災当時から)自発的に災害復旧の作業に取り組んできましたが、やはり住民の方と触れ合い、協力しあい、そして助けあう。その気持ちが、大切ですね。自分の持ってる力が発揮出来て、大変満足しております。本日、(にいがた災害ボランティアネットワークに)入会しましたので、皆様これからも宜しくおねがいします。

111.JPG  間 健太郎(7月2日参加)
- | -

「仮設住宅からの引っ越し」ボランティア募集

募集は終了いたしました

【追加募集!】
  4月に行われました仮設住宅からの引っ越しボランティア。
このページ上でもご報告させていただきましたが、11件のニーズに対し、のべ42名のボランティアさんに集まっていただき無事終了することが出来ました。また、住民の方々からも感謝のお言葉を頂戴しております。
  さて、6月に入り、仮設住宅入居期限を目前にして【再度】ポツリポツリとニーズが入ってきております。そこで、引っ越しボラ第2弾を行いたいと思います!活動要項は下記の通りです。参加可能な方は活動希望日時を事務局までお知らせ下さい
(詳細は住民の方と調整の上、別途ご連絡いたします)
続きを読む>>
- | -

中間報告

  7月9日、三条市にある仮設住宅からの引っ越しボランティアを1件実施しました。蒸し暑い厳しい条件の中、参加して下さったボランティアの皆さんに感謝申し上げます。また、現在当会に寄せられているご依頼は今回で終了ですが、仮設住宅の入居期限は8月16日。期日が近くなり、追加で1〜2件程度ご依頼を頂く可能性もあります。その際は、再度募集をさせていただきたいと存じます。
  ところで、活動の最中に住民の方のお話をお聞きしていると、新生活への不安の声が多く聞かれます。『仮設住宅から出た(出られた)』ことを以て災害の完全復興というわけではないようです。今まで住んだことのない土地柄や住環境の変化というものは、大きなストレスであることが容易に想像できます。
  今まで以上に、目に見えない、潜在化する問題への想像力・共感力が求められているのではないでしょうか。

  まもなく2年です…


001.JPG  ケーブルテレビも取材に来てます
続きを読む>>
- | -

ボランティアのつぶやき in三条

『ボランティアのつぶやきVol.?』

  7月9日(日)くもり時々雨 
心配していた雨もそれほどでもなく、私自身中越地震以来、一年半ぶりの現場復帰となりました。三条の仮設住宅からの引越し作業は軽トラ荷台用のロープワークからスタート。(これはかなり使えます!でも、もう覚えてない・・・)
  今回お伺いしたのは、とってもお話し好きな一人暮らしの男性のお宅でした。「捨てるのはいつでも出来る」と言われていたように、荷物も3回に分けて運び出し→これだけ物が溢れている時代に、あらためて自分はどうだったか?と少し反省。
  2年前の7.13水害を共に体験した冷蔵庫と洗濯機が、今なお現役で働き続けている姿に感動しました!でもちょっと大事にし過ぎ?なんてモノもあり。(^^ゞ
  おしゃべりが弾んで、作業の手もついつい止まってしまうこともありましたが、やはり住み慣れた自分の家に戻れるうれしさは隠しきれない・・そんな思いが伝わってきて→何かジーンと胸打つものが・・。
  まだまださっぱり作業も終わらないままお宅を後にしましたが、「思い出いっぱいの我が家で、ゆっくり片付けるよ〜」と笑顔で最後まで手を振ってくださった姿に、疲れもどこかへ吹っ飛んだ一日でした。
(普段お箸とペンとマウスより重いものは持たないのですが、こんな私でも少しはお役に立てたでしょうか???)


   011.JPG  田巻美和子(7月9日参加)
- | -

それからの730日

  本日2006年7月13日で、9名もの尊い命と多くの財産・思い出が濁流に呑み込まれたあの大水害から、2年が経過しました。この間の被災者の方々のご苦労は察してあまりあるものがあります。お昼の時点では2年前を彷彿とさせるような雨が降り続いており、あの時のことを思いだしている市民の方も多いのではないでしょうか。
  その後被災地においてはハザードマップ作成や種々の防災訓練といった行政の取り組み、自主防災組織結成や地域のたすけあい体制の確立へ向けた市民の取り組みが始まり、形になりつつあります。
  しかし、2年間という期間は同時に仮設住宅の入居年限でもあります。当会では4月以降、お引っ越しをされる方々へのお手伝いボランティアを実施して参りました(7月13日現在:ご依頼件数15、のべ参加人数58名)。そこで聞こえてきた被災者の声は、期待半分、不安半分でした。「仮設からでられるのは嬉しいけど、友達もいないところに引っ越して寂しくなるなぁ」「年金暮らしに、家賃負担はキツイて」「新しいアパートは買い物に不便だ」などなど。
  仮設住宅が徐々に撤去され、河川の改修工事も着々と進んでおりますが、考えなければいけないこと、行動しなければいけないことがまだ沢山あるようです。今後『災害』という狭い範疇のみならず『まちづくり』『福祉』『環境』など、様々な分野の方々との協働が求められています。
  私たちはこれからも災害救援・防災教育など様々な事業に全力で取り組んでまいります。つきましては、市民の皆様からの厳しいご指導と、暖かいご支援をお願いする次第です。そして、県内外の様々な団体とも協力体制を築き、活動の質を高めて参ります。
  また、これまでにも多くの方々から物心両面にわたり多くのご協力を頂きました。この場をお借りして御礼申し上げます。


    最後になりましたが、改めて犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。
続きを読む>>
- | -

長野県内のボランティアセンター設置状況

情報を更新しました。最新の記事をご参照下さい
続きを読む>>
- | -

長野県への人材派遣

  本日、長野県社会福祉協議会様からの依頼を受け、新潟県災害救援ボランティア活動連絡協議会緊急幹事会の決定として、新潟県社会福祉協議会・複数の市町村社会福祉協議会と協働で、当会よりコーディネーター(理事長:川瀬)を長野県に派遣致しました。現地において、被害状況今日の確認やニーズ件数・内容の想定、現地ボランティアセンターの立ち上げ・運営の支援などを行う予定です。
  今後、情報が入り次第掲載していきます。
- | -
1/4 >>