にいがた災害ボランティアネットワーク

<< May 2022 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

鹿児島県内のボランティアセンター設置状況

情報を更新しました。最新の記事をご参照下さい。
続きを読む>>
- | -

長野レポート

7月21日から24日まで長野県に派遣しておりましたコーディネーターからの写真レポートです。準備が出来次第、順次追加していきます。
続きを読む>>
- | -

長野県内のボランティアセンター設置状況

情報を更新しました。最新の記事をご参照下さい。
続きを読む>>
- | -

鹿児島県内のボランティアセンター設置状況

情報を更新しました。最新の記事をご参照下さい。
続きを読む>>
- | -

岡谷市現地レポート

  当会スタッフの李仁鉄が本日より岡谷市災害ボランティアセンターに入りました。以下、現地からのレポートです。

0895.JPG  センターのある岡谷市役所

0891.JPG  受付班(後ろ姿でごめんなさい)

0889.JPG  マッチング班(社会福祉協議会関東ブロック)
続きを読む>>
- | -

岡谷市現地レポート

  昨日の引き続き、岡谷市災害ボランティアセンターからの現地レポートです。

0876.JPG  送り出しに備えて資材の準備

0893.JPG  帰ってきたら、機材の洗浄

0871.JPG  ちなみに資材庫は駐輪場
続きを読む>>
- | -

岡谷市現地レポート

  昨日に引き続き、岡谷市災害ボランティアセンターからの現地レポートです。

0877.JPG  黄色い腕章は岡谷市ボラ連協の皆さん

0879.JPG  終了ミーティング

   ※ボラ連協…ボランティア活動連絡協議会の略
続きを読む>>
- | -

岡谷市現地レポート

  長野県岡谷市からの現地リポートの第4回目。今回は岡谷市災害ボランティアセンターでの安全・衛生対策についてご報告したいと思います。

  まず熱中症対策についてですが、現地では7月の末頃から連日の猛暑。日差しの強い日が続いています。そのため、ボランティアセンターにおいても二重三重の対策を講じています。具体的には…
   /緤と塩分を個別に渡し、補給を呼びかける
     (班長さんへの注意事項でも再三再四繰り返していらっしゃいました)
  ◆〆邏隼間をおおむね半日とし、交代しながら活動していただくようにする
   救護班を設置している
     (近隣の医療機関から看護師の派遣をしていただいている)
     (各学校の養護教諭の方からも協力を頂いている)
  ぁ…昭容光から頭部を保護するように呼びかけている

  また、この他には散水や防塵マスクなどによる呼吸器系の保護(+うがい・手洗いの励行)も行っています。
  このほか、活動の前に下見を行う・可能ならば長袖長ズボンの着用を呼びかけるなどして、活動現場での安全確保にも十分な注意が払われています。  
  8月5日・6日終了ミーティングの時の傷病報告では、消毒+絆創膏程度の怪我が数件と悪臭(+軽い脱水?)による気分不快が2名。以前にはぎっくり腰などの事例もあったようですが、医療機関と連携をとり迅速な対応がなされていたようです。
  過去の全国各地の経験が生かされ、目に見えないところでも災害ボランティア活動の質が高まっているのを感じます。過去の経験の蓄積と平時の啓蒙活動の成果なのでしょう。
続きを読む>>
- | -
<< 2/4 >>